【2020年版】初心者でも簡単!Search Console(サーチコンソール)のプロパティタイプ別登録方法

Google Search Console(サーチコンソール)は、ウェブサイトを運営する上で欠かせないツール。
自分のサイトがどういったキーワードで検索されているのか、検索結果でどのように表示されるのか、クリック率はどのくらいなのか…などを確認することができる無料のツールです。

2020年現在、サーチコンソールの登録方法は2通りあります。
数年前と比べるとだいぶ仕様が変わっているので、あらためて登録方法を紹介したいと思います。

プロパティタイプの選択

まずはGoogleアカウントを準備して、ブラウザでログインしておきましょう。

そしてサーチコンソールのサイトを開き、「今すぐ開始」をクリックします。
Google Search Console

今すぐ開始

すると、プロパティタイプの選択画面が表示されます。

プロパティタイプ

プロパティタイプ:ドメイン

プロパティタイプ「ドメイン」では、サブドメインを含むトップドメイン以下のサイトも一つのプロパティとして扱われます。
また「http」と「https」も区別せず、一つのプロパティとして扱います。

一つのプロパティとして扱う例:

  • http://hogehoge.net/
  • https://hogehoge.net/
  • https://www.hogehoge.net/
  • https://subdomain.hogehoge.net/

右側の入力欄にドメイン名のみを入力し、「続行」をクリックします。

ドメイン:続行

すると「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」というダイアログが表示されるので、項目2の「TXTレコード」をコピーしましょう。

TXTレコードをコピー

DNSレコードの設定(エックスサーバー)

次に、サーバー側でDNSレコードの設定をおこないます。
ここでは、エックスサーバーでの設定方法を説明します。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「ドメインDNSレコード設定」をクリックします。

DNSレコード設定

そしてドメイン選択画面で、対象のドメインを選択します。

ドメイン選択画面

DNSレコード追加」のタブをクリックし、「種別」のプルダウンから「TXT」を選択します。

DNSレコード追加>種別

内容」の欄に、先ほどサーチコンソールの画面からコピーした「TXTレコード」を貼り付けます。
貼り付けたら、「確認画面へ進む」をクリック。

確認画面へ進む

入力内容に間違いがないことを確認したら、「追加する」をクリック。

追加する

これで、DNSレコードの追加が完了しました。

所有権の確認

DNSレコードの追加ができたら、先ほどの「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」の画面に戻り、「確認」をクリックしてみましょう。

確認

所有権を証明しました」というウィンドウが表示されたら、設定は完了です!

所有権を証明しました

「所有権を証明できませんでした」と表示された場合は、DNSの反映に時間がかかっている可能性があります。
しばらく待ってから再確認してみてください。
(この時は30分ほどで確認できました)

所有権を証明できませんでした

登録が完了すると、プロパティの部分にドメインが追加されているのが確認できます。

プロパティ

プロパティタイプ:URLプレフィックス

プロパティタイプ「URLプレフィックス」では「ドメイン」とは違い、「http」と「https」、「www」の有無なども別々のプロパティとして扱われます。

では左側の入力欄に、対象のサイトのURLを省略せずに「https(またはhttp)」から入力し、「続行」をクリックしましょう。

URLプレフィックス:続行

所有権の確認(HTMLタグ)

所有権の確認方法は5通りありますが、ここでは「HTMLタグ」での確認方法で説明します。
「HTMLタグ」をクリックし、表示されたメタタグをコピーします。

メタタグをコピー

次に、このメタタグを対象のサイトのホームページのヘッダー部分に貼り付けます。


<head>
<省略>
<meta name="google-site-verification" content="確認コード" />
</head>

<body>

貼り付けてページを更新したら、先ほどの「所有権の確認」の画面に戻り、「確認」をクリックしてみましょう。

確認

正しく設定されていれば、「所有権を証明しました」というウィンドウが表示されて、設定は完了です!

所有権を証明しました

登録が完了すると、プロパティの部分にドメインが追加されているのが確認できます。

プロパティ

 

以上、サーチコンソールの2通りの登録方法でした。

どちらも設定してみるとそう難しくはないんですが、よくわからない言葉も出てくるので最初は戸惑いますよね。

Google Search Console(サーチコンソール)はウェブサイトのSEO対策には欠かせない、しかも無料のツールです。
サイトを立ち上げたらまずはサーチコンソールに登録して、掲載順位の向上やサイトの改善に役立てていきましょう!