突然現れたChromeのリーディングリストの使い方と削除する方法

この記事は2021年3月17日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

先日Chromeを起動したら、ブックマークバーに見慣れぬ「リーディングリスト」というものが現れました。

リーディングリスト

何これ?と思い調べてみると、気になった記事などのリンクをブックマークとは別に保存しておく、いわゆる「後で読む」機能が追加されたということのようです。

ずっとブックマークしておくほどではないけどちょっと後で読みたい、というページをどんどん追加しておく、というイメージですね。

私はそういう場合「Pocket」を使っていましたが、この「リーディングリスト」ならChromeだけで完結するので結構便利そう。

使い方

使い方は簡単です。
気になるページを開いた状態で、Chromeのアドレスバーの右にあるスター(☆)をクリックし「リーディングリストに追加」を選択します。

リーディングリストに追加

そして「リーディングリスト」を開くと、ページが追加されています。

ページが追加されている

一度リーディングリストから開いたページは「既読」になり、リストから削除するか、未読に戻すこともできます。

未読・既読リスト

リーディングリストを削除する

ある日突然追加されたこのリーディングリスト、使わないから消したい!と思っても、なぜかChromeの設定からは削除することができません(2021年3月現在)。

削除するにはひと手間必要です。
まずChromeのアドレスバーに「chrome://flags」と入力して移動します。

flags

Experiments」が開くので、検索ボックスに「reading list」と入力します(「readin…」くらいまで入力すれば出ると思います)。

検索ボックス

「Reading List」の項目が出てくるので、右側にあるプルダウンから「Disabled」を選択して…

Disabled

画面右下に表示される「Relaunch」ボタンからChromeを再起動します。

Relaunch

再起動すると、「リーディングリスト」が表示されなくなります!

表示されなくなった

 

個人的にはこれから活用することが増えそうなリーディングリストですが、強制的にブックマークバーの一部を専有するのはちょっとどうかな、という感じですね;

いずれ設定からオン・オフできるようになればいいなと思います。