署名を入れるのにオススメ!定型文にも使えるThunderbirdのアドオン「Quicktext」が超便利

Thunderbirdでは署名を設定することができますが、その数はアカウントごとに1種類だけ。
同じメールアドレスから送るメールでも、相手によって署名を使い分けたい時ってありますよね。

しかも必ずメールの末尾に挿入されるので、例えば元のメールを引用して返信する場合には署名が引用文の下になってしまい、自分の文面のすぐ下に配置したい時はちょっと不便です。

そこで便利なのが、「Quicktext」というThunderbirdのアドオン。

テンプレートを作成して登録しておけばメールのどこへでも簡単に挿入できるというもので、署名だけでなく時候の挨拶などの定型文にも使えます。

アドオン「Quicktext」をインストールする

  1. Thunderbirdを起動し、メニューバーの「ツールアドオン」をクリックします。
    ツール>アドオン
  2. アドオンマネージャーのタブが開くので、「その他のカスタマイズ方法>すべてのアドオンを見る」をクリックします。
    すべてのアドオンを見る
  3. 検索ボックスに「Quicktext」と入力して検索すると、アドオン「Quicktext」が表示されるので「Thunderbirdへ追加」をクリックしましょう。
    Thunderbirdへ追加
  4. 「追加しますか?」と聞かれるので「追加」をクリックし、Thunderbirdを再起動します。
    追加

署名を登録する

さっそく署名を登録してみましょう!
まず、メニューバーから「ツールQuicktext」をクリックします。

ツール>Quicktext

するとQuicktextの設定ウィンドウが開くので、まずは「グループを追加」ボタンをクリックします。

グループを追加

タイトル」の欄に任意のグループ名を入力します。ここでは「署名」にします。
入力したら「保存」をクリック。

グループ>タイトル

次に、署名を登録します。グループ「署名」が選択されている状態で「テンプレートを追加」をクリック。

テンプレートを追加

タイトル」の欄には自分がわかりやすいタイトルをつけましょう。
そしてその下の大きいボックスに署名の内容を入力します。
入力したら「保存」をクリック。

署名1

続けてもう1種類、署名を登録してみます。
同様に、「テンプレートを追加>内容を入力」して保存します。

署名2

これで署名が2種類登録できました。

署名を挿入する

では、登録した署名をメールに挿入しましょう。

メールの新規作成ウィンドウを開くと、件名の左下辺りに「署名」という項目ができています。

新規作成ウィンドウ

メールの内容を入力したら、署名を挿入したい場所にカーソルを置いた状態で「署名」をクリックします。
さきほど登録した署名のタイトルがプルダウンで表示されるので、いずれかをクリック。

署名を挿入

これで、署名を挿入できました!

署名を挿入できました

 

ということで、アドオン「Quicktext」の紹介でした。

今回は例として署名を登録しましたが、Quicktextなら「どの位置にでも」「どんな内容でも」自由に挿入できるので、めちゃめちゃ使い勝手がいいです。

特に冒頭や締めの挨拶などは、いくつかバリエーションを用意して登録しておけば毎回悩まなくて済むので捗りますよ!
かなりオススメのアドオンです。