初めてでも簡単!「Really Simple SSL」でWordPressをhttpからhttpsにSSL化する手順

今やサイトのSSL化は当たり前になっていますが、SSL非対応のサイトを常時SSL化(https化)するのは大変そう…と思っていませんか?

少し前までは、SSL化するには手間はもちろんお金もかかることからちょっとハードルが高かったですが、現在では無料でSSL設定が可能なレンタルサーバーも数多くあります。

SSL化することで、セキュリティ面の強化はもちろんSEO面でも有利になると言われており、やっておいたほうがいいのは間違いありません。

そしてありがたいことに便利なツールも増え、今、WordpressサイトのSSL化はとても簡単にできるんです!

今回は、Wordpressプラグイン「Really Simple SSL」を使用したSSL化の方法を紹介します。

SSL化の前に

作業中に何かトラブルがあっても復旧できるよう、必ずサイトのバックアップを取っておきましょう。
Wordpressの場合、バックアップが必要なのは以下の2つです。

  • サーバーデータ … FTPソフト(FileZillaなど)やファイルマネージャでダウンロード
  • データベース … サーバーのコントロールパネルなどからダウンロード

レンタルサーバーによっては自動バックアップのサービスもありますが、念のため自分でもバックアップを取っておけば安心ですね。

エックスサーバーでのバックアップ方法は、こちらをご参照ください。

WordPressのデータを手動でバックアップする方法【エックスサーバー編】

サーバーでSSL設定をおこなう

ではまず、レンタルサーバー側でSSL設定をおこないます。
ここでは、エックスサーバーの「無料独自SSL」での設定方法を説明します。

  1. サーバーパネルにログインし、「ドメインSSL設定」をクリックします。
    ドメイン>SSL設定
  2. SSLを設定したいドメインの「選択する」をクリック。
    選択する
  3. 独自SSL設定追加」のタブをクリックし、プルダウンから対象のドメインを選択したら「確認画面へ進む」をクリック。
    独自SSL設定追加
  4. 追加する」をクリック。
    追加する
  5. 「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください」と表示されるのでそのまま待ちます。
    SSL新規取得申請中
  6. 「独自SSL設定を追加しました」と表示されたら、設定完了です。
    設定完了

※実際にサーバーに設定が反映されて利用可能になるまでには、最大1時間程度かかります

「Really Simple SSL」でサイトをSSL化する

「Really Simple SSL」をインストール・有効化する

次に、プラグイン「Really Simple SSL」をインストールします。

  1. WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」を開き「Really Simple SSL」と検索して、「今すぐインストール有効化」します。
    今すぐインストール>有効化
  2. すると下記のメッセージが表示されます。
    移行の準備ができたら「はい、SSLを有効化します」をクリックします。クリックするとすぐにSSL化が始まります。
    ※一部の項目(CSS・JSファイル内の記述、画像、アフィリエイトバナーなど)は手動での修正が必要になる場合があります。
    はい、SSLを有効化します
  3. SSLを有効化しました」と表示されたら完了です。
    SSLを有効化しました

作業はたったこれだけ!
Chromeであれば、アドレスバー横の「!」マークが鍵のマークに変わっていれば成功です。

鍵のマーク

301リダイレクト(転送)の設定

SSL化が完了したら、ブックマークや被リンクから「http://~」に訪れるユーザーを「https://~」に転送させる必要があります。

「301リダイレクト」を使うことで、検索エンジンからの評価をそのまま引き継いでの転送が可能です。
こちらも、さきほどのプラグイン「Really Simple SSL」から設定できます。

WordPressの管理画面から「設定SSL」を開き、「セッティング」タブで「Enable 301 .htaccess redirect」をONにします。

Enable 301 .htaccess redirect

これにより、「http://~」を訪れたユーザーを「https://~」に転送できるようになりました。

※301リダイレクトが使えるかどうかは、お使いのサーバーによって異なります。設定する前に、レンタルサーバーの環境を確認しておきましょう。

Googleサービスの設定変更

さて、SSL化したということはサイトのURLが変わったということなので、それを登録しているサービスの設定も変更する必要があります。
特に以下の2つは優先して設定しておきましょう。

Googleアナリティクスの設定を変更する

  1. Googleアナリティクスにログインし、左のメニューから「管理」をクリックします。
    Googleアナリティクス
  2. プロパティ設定」をクリックします。
    プロパティ設定
  3. デフォルトのURL」で、プルダウンから「https://」を選択し、「保存」をクリックします。
    デフォルトのURL
  4. 次に同じ管理画面から「ビューの設定」をクリックします。
    ビューの設定
  5. ウェブサイトのURL」で、プルダウンから「https://」を選択し、「保存」をクリックします。
    ウェブサイトのURL

Googleサーチコンソールの設定を変更する

サーチコンソールの設定は、以下で詳しく説明しています。

【2020年版】初心者でも簡単!Search Console(サーチコンソール)のプロパティタイプ別登録方法

おすすめのSSL対応レンタルサーバー

冒頭でも書いたように、現在では無料で独自SSLを提供しているレンタルサーバーが数多くあります。
その中でも私がおすすめするレンタルサーバーは以下の3社です。

エックスサーバー ColorfulBox mixhost
プラン X10 BOX2 スタンダード
初期費用 3,300円 無料(3ヶ月以上契約の場合) 無料
月額料金 990円(※)  880円(※) 880円(※)
独自SSL 無料 無料 無料
容量 200GB  300GB  250GB
データベース 50個 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限

※36ヶ月契約の場合

エックスサーバー

16年以上の歴史をもつ、大手レンタルサーバーのエックスサーバー(Xserver)。当サイトも利用させてもらっています。

無料SSLはもちろんのこと、高速・多機能・高安定性を兼ね備え、24時間365日体制のメールサポートなど、サポート体制も万全です。
マニュアルもかなり細かい部分まで作り込まれているので、手続きや設定で迷うことはほぼないでしょう。

→ エックスサーバーのサイトはこちら

ColorfulBox

2018年に登場した、災害対策もバッチリのレンタルサーバー、ColorfulBox(カラフルボックス)。

初期費用無料のほか、なんと「30日間のお試し期間」があるので、使用感をしっかり確認してから申し込むことができます。
有料ですが格安のWordpress移行代行サービスも用意されており、「サーバーを乗り換えたいけど移行はハードルが高い…」という方も安心です。

mixhost

こちらも2016年からと比較的新しいレンタルサーバー、mixhost(ミックスホスト)。

全てのプランでピュアSSDを採用しているほか、表示速度を高速化するHTTP/3に日本初対応するなど、表示速度満足度No.1が売りのサーバーです。

しかも、自動でバックアップされた過去14日分までのデータは、なんと無料で復元してくれます!
バックアップは無料でも復元は有料のサーバーが多いので、これはかなり嬉しいですね。

→ mixhostのサイトはこちら

「Really Simple SSL」の無効化

とても手軽にSSL化することができる「Really Simple SSL」ですが、このプラグインを普通に無効化(停止)すると、SSLが無効になってしまうので注意しましょう。

無効化後もSSLを有効にしておきたい場合は、「設定SSL」を開き、「セッティング」タブの「Deactivate plugin and keep SSL」という項目から無効にすることで、SSLを維持したままにすることができます。

Deactivate plugin and keep SSL

逆に「http://~」の状態に戻したい場合は、プラグイン管理画面の「Really Simple SSL」の項目にある「停止 (revert to http)」をクリックすると、SSL化前の状態に戻すことができます。

停止 (revert to http)

さいごに

というわけで、Wordpressの非SSL(http://~)サイトを常時SSL(https://~)化する方法についての紹介でした。
長く運営しているサイトほどSSL化の作業には手を出しにくくなってしまうものですが、今では便利なツールも増え、比較的かんたんに移行することができるようになりました。

レンタルサーバーも、今や無料の独自SSLサービスが常識になっています。

まだSSL未対応のサイトはSSL化を、そしてこれからサイトを新たに作るなら、独自SSLを備えたサーバー選びを検討してみてくださいね。