WordPressのデータを手動でバックアップする方法【エックスサーバー編】

WordPressでサイトを運営していると、バックアップをとる機会は頻繁にあります。

例えば、

  • WordPress本体やテーマ、プラグインを更新する前
  • 新たなテーマやプラグインをインストールする前
  • PHPファイルやCSSファイルを編集する前

などなど。

何らかの更新や変更がある時以外にも、月1回など定期的にバックアップを取っているという人も多いと思います。

当サイトでも利用しているエックスサーバーでは、いつでも簡単にWordpressサイトのデータをバックアップを取ることができます。

サーバーデータのバックアップ

WordPressで作成したサイトのバックアップに必要なのは、「サーバーデータ」と「データベース」の2つです。

はじめにサーバーデータのバックアップをとりましょう。
これはFilezillaなどのFTPソフトでも可能ですが、エックスサーバーならサーバーパネルから簡単に取得することができます。

まずはサーバーパネルにログインし、「アカウントバックアップ」をクリックします。

アカウント>バックアップ

「バックアップ」の画面に移動するので、「手動バックアップ」タブからダウンロードしたいドメインの「ダウンロード」ボタンをクリックします。

手動バックアップ

ダウンロードが開始されます。

ダウンロード開始

ダウンロードされたファイルは tar.gz 形式で圧縮されていますが、「7-Zip(セブンジップ)」などの解凍ソフトがあれば解凍(展開)できます。

MySQLデータベースのバックアップ

データベースは現在のデータから取得する方法と、過去14日分のデータをさかのぼって取得する方法の2種類あります。

現在のデータベースをバックアップ

現在のデータをバックアップするには、まずサーバーパネルから「MySQLバックアップ」をクリックします。

MySQLバックアップ

次に「現在のMySQLをダウンロード」タブで、対象のデータベースの横にある「ダウンロード実行」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。

現在のMySQLをダウンロード

自動で開始されない場合は「ダウンロードする」をクリックします。

ダウンロードする

過去のデータベースをバックアップ

保存された過去14日分のデータからバックアップするには、同じく「MySQLバックアップ」の「自動バックアップデータ取得申請」タブからおこなえます。
対象のデータベースの取得したい日付を選択したら、「申請する」をクリック。

自動バックアップデータ取得申請

確認画面が表示されるので「申請する」をクリック。

申請する

これで申請は完了です。サーバー上に申請したデータが設置されるまでしばらく待ちましょう。

申請完了

申請後、「自動バックアップデータ取得申請履歴」タブからデータの出力先を確認し、FilezillaなどのFTPソフトでダウンロードします。

自動バックアップデータ取得申請履歴

または、エックスサーバーのファイルマネージャーからダウンロードすることもできます。

ファイルマネージャー

 

バックアップデータ申し込み(有料)

誤ってデータを削除してしまったなどの理由でデータのダウンロードが不可能な場合は、バックアップデータを有料で提供してもらうこともできます。

申し込むには、エックスサーバーの「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」で、「各種お手続きレンタルサーバーバックアップデータお申し込み」から手続きします。
(データ提供1回ごとに5,000円の手数料がかかります)

バックアップデータお申し込み

 

以上、エックスサーバーでWordpressのデータをバックアップする方法についてでした。

何かトラブルがあってもすぐに対処できるよう、日頃からこまめにバックアップをとっておきましょう!