ChromeでGoogleのサービスだけが遅いと感じたら

ここ最近、ChromeブラウザでYoutubeを見ようとすると重たい(遅い)と感じることが頻繁にありました。

Youtubeだけであれば「一時的なものかな?」とも思ったんですが、GmailとかGoogleカレンダーなど、Googleの他のサービスもやけに処理が遅い。
何かを入力したら、タブのアイコンがずっとグルグルしているような状態です。

なぜかGoogle関係のサービスだけで他のサイトは普通なので、ブラウザやパソコンが原因ではないだろうし…。
改善されるまで待つしかないのか、と思いつつも色々と解決策を探っていたところ、効き目がありそうな方法があったので紹介します。

「QUICプロトコル」を無効にする

「QUIC」というのはGoogleが開発している実験的なプロトコルで、これを無効にする(通常のhttpに戻す)ことで遅延が解消されることがあるようです。
※絶対改善されるという保証はないので、自己責任でお願いしますね

Chromeで「chrome://flags」にアクセスすると、試験運用中の機能を編集することができます。
アドレスバーに「chrome://flags」と入力して移動しましょう。

Experiments」の画面が表示されるので、一番上の検索ボックスに「quic」と入力します。

experiments

すると「Experimental QUIC protocol」という項目が表示されるので、右のプルダウンから「Disabled(無効)」を選んで…

Experimental QUIC protocol

Chromeを再起動します。

Relaunch

これだけ!

再起動後、YoutubeやGmailなどを開いてみると表示の遅さは気にならなくなり、カレンダーなどの編集もスムーズになりました。

この先Chromeのアップデートがあればまた状況は変わるかもしれませんが、今もし同じような症状で悩まれているなら、一度試してみてはどうでしょうか。