手っ取り早くサイトにアニメーションを導入したい人におすすめの「Animate.css」

動きのあるウェブサイトは、それだけでちょっとリッチな感じがしますよね!
「Animate.css」は、簡単な記述でサイト上の要素にアニメーションを実装することができる有名なライブラリ。

自分で1からCSSアニメーションを作ろうと思うと手間も時間もかかりますが、この「Animate.css」を使えば、ものの数分でつるつる動くアニメーションが使えるんです。

Animate.cssの導入

CSSファイルをダウンロードして読み込む

Animate.cssのサイトで「Download Animate.css」をクリックすると、CSSファイルがダウンロードできます。

Download Animate.css

あとはそれをサイトのヘッダで読み込めばOK。

<link rel="stylesheet" href="animate.min.css">

 

CDNで読み込む

あるいは、CDNを利用しての読み込みも可能です。

<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/animate.css/3.7.2/animate.min.css">

 

使い方

あとは、設定したい要素に対してクラス「animated」とアニメーション名、必要に応じてオプションを記述すればOK。

例えば下記のように記述すると…

<div class="animated bounce infinite">文字が弾むよ!</div>

このように要素がアニメーションしてくれます。

文字が弾むよ!

簡単ですね!

アニメーションの種類は、Animate.cssのサイトでプルダウンから選択することで確認ができます。

動作サンプル

 

オプション

ループさせる

通常はアニメーションは1回のみですが、クラスに「infinite」を追加すると、先ほどの例のようにアニメーションがループします。

 

X秒遅れて動作させる

クラス「Delay」を追加すると、動作の開始を秒単位で遅らせることができます。

例えば

<div class="animated bounce delay-3s">3秒遅れ</div>

と記述すると、何も記述しない場合より3秒遅れてアニメーションします。

クラス 遅延時間
delay-1s 1秒
delay-2s 2秒
delay-3s 3秒
delay-4s 4秒
delay-5s 5秒

 

動作のスピードを変更する

クラス「slow」「slower」「fast」「faster」を追加すると、アニメーションの速度を制御できます。
(デフォルトは1秒)

<div class="animated bounce fast">速い</div>
クラス 速度
slow(ゆっくり) 2秒
slower(もっとゆっくり) 3秒
fast(速い) 0.8秒
faster(もっと速い) 0.5秒

そのほか、オプションの詳細はGitHubでも確認できます。
https://github.com/daneden/animate.css

 

というわけで、手軽にアニメーションを実装することができる「Animate.css」。サイトに動きが欲しい時に使ってみてはどうでしょうか。