wordpressサイトをxserverからbluehostへ移行する・PART2

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2016年12月20日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

こんにちは!tomomiです。
前回は、サイトデータを移行するための下準備について説明しました。
wordpressサイトをxserverからbluehostへ移行する・PART1

今回は、アップロードについてです。

サイトデータのアップロード

FTPアカウントを作成する

まずは、bluehostで「FTPアカウント」の作成が必要です。

  1. cPanelから「ftp」をクリック。
    161220bluehost10
     
  2. 「FTPアカウント」のページが開くので、ひとつずつ設定していきます。
    161220bluehost11

    ユーザー名を入力。
    (名前の後ろにbluehostのユーザー名が付与されます)
    続けて、FTPパスワードも入力します(8文字以上)。
    次に、「ディレクトリ」でサイトをアップロードするディレクトリを入力します。
    (ディレクトリが存在しない場合は作成されます)
    「クォータ」でアップロードサイズの上限(2GB/無制限のどちらか)を選択し、「FTPアカウントの作成」ボタンをクリックすると、アカウントが作成されます。

     

FTPソフトの設定とアップロード

続いて、作成したアカウントをFTPソフトに設定します。
ソフトは慣れているものを使うのが良いと思いますが、個人的には「FileZilla」がおすすめです。
→ FileZilla download | SourceForge.net

  1. FileZillaを起動したら、「ファイル>サイトマネージャ」をクリックします。
    161220filezilla01
     
  2. 「新しいサイト」ボタンをクリックし、任意の名前(自分が分かりやすい名前で構いません)を入力します。
    161220filezilla02
     
  3. 「一般」タブで、必要な項目を入力します。
    161220filezilla03

    ホスト 自分のサイトのドメイン名、またはIPアドレスを入力
    プロトコル 「FTP」を選択
    暗号化 「Only use plain FTP」を選択
    ログオンの種類 「通常」を選択
    ユーザ 「FTPアカウントの追加」で作成したユーザ名(@の後ろも含む)を入力
    パスワード 「FTPアカウントの追加」で設定したパスワードを入力

    全て入力できたら、「接続」をクリックします。
     

  4. 状態のウィンドウで「ディレクトリ一覧の表示成功」と表示されれば成功です。
    161220filezilla04
    FTPアカウントの追加時、ディレクトリの部分で「/public.html」と入力しているので、「リモートサイト」はその配下が表示されています。
    (まだ何もアップロードしていないので、中身は空です)
     
  5. 前回、移行元サーバーからエクスポートしておいたサイトデータのファイルをアップロードします。
    左側の「ローカルサイト」のファイルを、右側の「リモートサイト」の部分へドラッグすれば、アップロードが開始されます。
    161220filezilla05
    参照:bluehost>Bluehost Web Hosting Help>FTP Setup Using Filezilla
     

データベースのアップロード

次に、前回新しく作成したデータベースに、データをインポートします。

  1. cPanelから「phpMyAdmin」をクリック。
    161220bluehost01
     
  2. 左側のパネルで、新しく作成したデータベース名を選択し、「インポート」タブをクリックします。
    「ファイルを選択」でローカルのフォルダが開くので、前回エクスポートしたファイルを選択して、「実行」をクリック。
    (「ファイルの文字セット」は、移行前と同じものを選びましょう)
    161220bluehost02
     
  3. 成功すると、下記のような画面が表示されます。
    161220bluehost03
    参照:bluehost>Bluehost Web Hosting Help>How to import a MySQL Database using phpMyAdmin
     

これで、データのアップロードは完了です。お疲れさまでした!

次回は、ドメインの設定についてです。