Chromeが「ピクチャーインピクチャー」に対応!作業中もYoutubeが小画面で見れちゃう

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

先日公開されたChromeの最新バージョン「Chrome 70」から、「ピクチャーインピクチャー」機能が使えるようになりました。

「ピクチャーインピクチャー(PiP)」というのは、動画などを小さなフローティングウィンドウで再生できるというもの。
今までもテスト的に利用は可能でしたが、Ver.70から標準機能になりました。

使い方

Chromeのバージョンが最新版に更新されていれば、特に設定などを変えることなく利用できます。

Chromeのバージョン

まずYoutubeで再生したい動画を開いたら、再生画面の上で2回右クリックします。
そしてサブメニューに「ピクチャー イン ピクチャー」という項目があるのでクリック。

ピクチャー イン ピクチャー

すると、PC画面の右下に小さなフローティングウィンドウが現れます。

フローティングウィンドウ

このウィンドウは、他のアプリケーションを使用していても常に手前に表示されています。

他のアプリケーション使用中

ウィンドウの位置・大きさは自由に変えることができます。

位置変更

サイズ変更

この機能が使えるかどうかはサービス提供側(今回で言えばYoutube)の対応によるみたいです。
Twitchとニコニコでも試してみましたが、まだ使えませんでした。

ノートPCを使うことが多いので、サブディスプレイ無しでも動画を見ながら作業できるのは非常にありがたいです。
今後対応するサービスが増えていくのを期待したいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください