URLの末尾に付いた長い文字列を削除できる拡張機能「Tracking Token Stripper」

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

Twitterやメールから、気になったリンク(URL)をクリックしたとき、やたらと長いURLになっていることがあります。

例えばこんな風に。

パラメータ付き

本来のURLは「×××××.html」までですが、その後ろに「utm~」から始まるパラメータがくっついています。

私は気になった記事をEvernoteにペタペタ貼り付けることが多いんですが、このながーいURLが結構うっとうしい!
人にリンクを送りたいときも邪魔になりますよね。

手作業で消せばいいんですが、数が多いときは面倒だし、かといってそのまま貼り付けるとものすごくごちゃっとします。

Tracking Token Stripper」は、こういった邪魔なパラメータを削除してくれる拡張機能。
ChromeとFirefoxに対応しています。

拡張機能のインストール

Chromeへの追加方法は以下の通りです。
(Firefoxのアドオンはこちら

  1. chromeウェブストアで「Tracking Token Stripper」を検索し、「CHROMEに追加」をクリック。
    CHROMEに追加
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。
    拡張機能を追加
  3. Tracking Token Stripper がChromeに追加されました。
    追加されました

インストール後

インストール後に先程と同じリンクをクリックしてみると、先程は表示されていたパラメータが取り除かれ、本来のURLのみになっています。

パラメータなし

これでスッキリ!

人とリンクをやり取りする機会が多い方は、ぜひ取り入れてみてください。ストレスから開放されますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください