今話題のgoogle翻訳の新機能「リアルタイム翻訳」でいろいろ試してみた!

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年1月26日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

昨日あたりからSNSで話題になっていた、google翻訳の「リアルタイム翻訳(公式ブログによると「Word Lens 機能」というらしいです)」が楽しそうだったので、家でも色々やってみました。
→ Google Japan Blog: スマートフォンをかざして翻訳 — Word Lens 日本語版登場

google翻訳アプリを起動すると…
170126google01

左にカメラのマークがあるのでタップします。
カメラ機能を使う場合、言語の自動検出は使えないようなので、あらかじめ設定を「英語→日本語」に設定。
170126google02

「ここにテキストを合わせます」と表示されたら、準備OKです。

さて、家の中をうろつき英語表記のものを探しますが、意外と無いもんですね…。

とりあえずワインの箱を撮ってみました。すると…
170126google03
おお!画像の上にそのまま翻訳が表示されてる!
なにげに文字の色や傾斜もそのままなのがスゴいですね!なんだこの技術…

他にも色々試してみました。

なぜか「PAUL」はそのまま、上と下に謎の文字も
170126google04
 

カメラをかざしている最中にちょいちょい文字が変わることもありました
170126google06
 

筆記体はまだ無理みたい
170126google07
 

これ、ちょっと期待したんですが残念な結果に
170126google08
 

長文もやってみましたが、なんとなく雰囲気が掴める程度ですかね。ちなみにテレビの取説です
170126google09
 

全然関係ないところで、急に「ユタ州」とか「バージニア州」とか出てくることも多かった
170126google10
 

ちなみに、下部中央のカメラのマークを押すと、翻訳されたテキストを読むことができますが…ちゃんとした翻訳になるのはもう少し先かもしれませんね;
170126google11
 

そういえば翻訳なら逆も出来ますよね!そこでお次は「日本語→英語」にチャレンジ。

どうして「おくすり手帳→planner」なのか謎ですが、文章もそれなりに訳してますね
170126google12
 

何回やっても「no」にしかならない…
170126google05
 

意味は通じませんが、単語の半分くらいは合ってるかな?
170126google13
 

というわけで、googleの「リアルタイム翻訳」を堪能しました。
これ、海外の街でスマホをかざしながら歩いたら楽しそうですね!将来、googleグラスが復活することがあったら、実装されたりするのかな?

子供の頃に思い描いていた未来の世界がやっと近づいてきた感じがして、ワクワクしますね。