ネット配信でマイクを2本以上使って放送する方法!

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2016年12月14日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

はじめまして!スタジオセロのオーナー・SEROの嫁です。
ゲーム実況やニコ生で、夫の横で喋ったりツッコミ入れたりしております。

さて今日は、その放送で使っているイヤホンスプリッターのお話です。

複数人で実況などをする場合、1つのマイクに向かって話す人もいると思いますが、我が家ではそれぞれがピンマイクを付けています(私の声が小さい、という理由もあって…)。
今までは、どこのメーカーかも分からない、100円ショップで買った貧相なスプリッターを使っていたのですが、とうとうノイズが入るようになってしまい…

ちなみにこんなのです
161214spliter01

これはイカン、ということでAmazonで物色したところ、そもそもマイクを複数接続して放送するには「ミキサー」なるものが必要なんですね!全く知りませんでした。だって今まで100均のスプリッターで放送できてたし…。

しかしこのミキサーはとっても高価!弱小実況者の私たちには手が出ません。
どうしよう、また100均にお世話になろうか…と諦めかけていたら、ふとこんなものが目に留まりました。


使い方としては、1つのプレイヤーで複数人で音楽を聴いたりするために、イヤホンをつないで使うためのモノみたいなんですが、レビューを読むと、マイクでもイケそうみたいな事が書いてある!
お値段も、手が出ない金額ではありません。

エイやっ、とポチりました。

届いたので、さっそく接続!

パッケージはこんな感じ
161214spliter02
ピンマイクを2つ接続
161214spliter03

その威力はというと、放送を聴いてくださっている方はご存知だと思いますが、ノイズもなくてかなり良いです!(ですよね?)
ボリュームはPCのマイク設定をいじれば問題なさそうです。
とはいってもちょっと不安なので、付属している延長コードは使わずに、短いコードだけで使っています。

本格的な録音をするには物足りないかもしれませんが、普通の会話を録音したり放送したりするのには充分だと思います。

ついでに、一緒に写っているマイクもご紹介しておきますね。

ニコ生を初めた頃は、ゴツいハンドマイクを胸元にねじ込んで喋ったり、スカイプ用の卓上マイクを使ったりしていましたが、ゲーム実況をやったりするのにはどうにも勝手が悪く、このマイクを買いました。

音もよく拾うし、見た目もスッキリしているので気に入っています。さすソニー。
卓上でも使えるよう、スタンドも付属していますよ!

それにしても、結構物入りですね~、配信って。

というわけで、私たちが放送で使っている機材のご紹介でした~。