記事にも鮮度がある!WordPressで古い記事に注意を促すメッセージを表示したい

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年2月13日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

こんにちは、tomomiです。

私はWebに関する記事を書くことが多いんですが、気になるのが「記事の鮮度」です。
特にwordpressのプラグインやWebサービスなどは移り変わりが早く、検索して辿り着いても既にそのサービスは終わっていたり、仕様が変わっていたり、なんてこともしばしばです。

本当は、変更があるたび更新するのがベストですが、記事が増えてくると全てに目を行き届かすのは大変ですよね。

近頃サイトを巡っていると、そんな記事に注意を促すメッセージを多く見かけるようになりました。
「この記事は◯◯年◯◯月に書かれたもので、内容が古い可能性が云々…」
といったアレです。

ウチのサイトはまだ日は浅いですが、準備しておいてもバチは当たるまい!ということで、Wordpressのテーマに実装することにしました。
 

表示する条件

今回、注意書きを表示させた条件は以下の2つです。

  • 記事を公開してから半年以上経ったら表示する
  • カテゴリーが「ヒント」の場合に表示する

実装方法

注意書きをを表示させたい箇所に、以下のコードを記述します。
ファイルは「single.php」の場合が多いと思います(テーマによっては変わります)。

<?php
    if( date('U') - get_the_time('U') > 60*60*24*180 && in_category('244') ) { ?>
    <div class="oldpostAttention">
        <p>
            この記事は<?php the_time('Y年n月j日') ?>に書かれたものです。<br />
            現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。
        </p>
    </div>
<?php } ?>

  • 「60*60*24*180」と書かれている箇所の「180」が、経過日数を指定する数値です。半年にしたいので「180」としました
  • 「in_category()」は記事のカテゴリーIDを指定します

あとは、スタイルシートで見た目を整えます。

ただ、表示されるかどうか半年待つわけにもいかないので、日数を14日にしてテストしてみました。
下記の画像のように表示されます!

記事のメンテナンスはマメにおこないたいですが、こういった注意書きがあればひとまずの目安になりますよね。
それにしても、Web関連技術の進化のスピードは速すぎて振り落とされそうです…。

こちらの記事を参考にさせていただきました
→ WordPress:古い記事にメッセージを表示させる際の備忘録 | NxWorld
→ WordPressで、古い記事に警告を表示する方法 | Stocker.jp / diary