新しいタブをメモ代わりにできるChrome拡張機能「Tab Notes」

パソコンでちょっとしたメモを取るとき、皆さんは何を使っていますか?

私の場合、ブログの下書きや仕事のアジェンダなどはEvernoteですが、本当にちょっとしたメモなら未だにウィンドウズのメモ帳を使ってしまいます。
能動的に保存しないといけないし、うっかり閉じてしまったら取り返しがつかないし、便利とは言い難いんですが…。
手元にあるのでつい、という感じですね。

でももう少し使い勝手の良いものがないかと思っていたところ、良さそうなのを発見!
Chromeの拡張機能「Tab Notes」。

Chromeの「新しいタブ」を、メモ代わりにできるというものなんです。

拡張機能のインストール

  1. chromeウェブストアで「Tab Notes」を検索し、「Chromeに追加」をクリック。
    Chromeに追加
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。
    拡張機能を追加
  3. 「Tab Notes」がインストールされました。
    インストール完了

使い方

インストールが終わったら、新しいタブを開いてみましょう。すると、何もない真っっっ白なタブが現れます。
ここに、テキストを自由に入力することができます。

テキストを自由に入力

入力したテキストは自動保存されるので、ブラウザを再起動しても編集可能です。

自動保存

Backup your notes」から、json形式のファイルをダウンロードすることもできます。

Backup your notes

思いついたことをパッとメモしておくのはもちろん、ウェブページから必要な部分だけをコピペしたりするのにも、とても便利でおすすめですよ。