SNSのヘッダーにも!カッコいい背景画像が作れる無料サイト「Cool Backgrounds」

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年7月7日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

「Cool Backgrounds」は、ポリゴンスタイルやパーティクルなど、5つのタイプのクールな背景画像が作成できるサービス。

作成した画像は無料でダウンロード可能で、Twitterのヘッダーやブログの背景などにすぐ使うことができます。

使い方

Cool Backgrounds にアクセスすると、左端に5つのボタンが並んでいます。

Cool Backgrounds

クリックすると、それぞれ対応した画像が右側のスペースに表示されます。

 

Trianglify

Trianglify」では、ポリゴンスタイルの画像が作成できます。
選択すると右下にカラーパターンが表示され、クリックすると色の組み合わせを変更できます。

Trianglify

More options on Trianglify」をクリックすると、「Trianglify.io」というサイトに移動。

More options on Trianglify

ここでは、ポリゴンの大きさや色などをさらに詳細にカスタマイズすることが可能です。

Trianglify.io

Particles

Particles」では、点と線を組み合わせた幾何学模様の画像を作成することができます。
この画像では分かりませんが、実際には模様がうねうねと動いているんですよ。

Particles

普通にダウンロードした場合は模様は動きませんが、「More Particles.js」をクリックして…

More Particles.js

移動先のサイトでダウンロードできる「Particles.js」をウェブサイトなどに読み込むことで、動く背景として使用することも可能です。

Particles.js

CSS Gradient

CSS Gradient」では、グラデーションカラーの画像を作成&ダウンロードできます。

CSS Gradient

いくつかのパターンが用意されているほか、「More CSS Gradient」をクリックすればさらに詳細なカスタマイズが可能。

More CSS Gradient

こちらでは、画像ではなくCSSのコードを取得できますよ。

CSS Gradient

Gradient Topography

Gradient Topography」ではその名の通り、等高線のような模様の画像がダウンロードできます。

Gradient Topography

こちらもいくつかのカラーパターンが用意されていますが、カスタマイズなどは無いみたいです。

 

Unsplash

Unsplash」は、有名フォトストックサイト Unsplash からチョイスされた写真がダウンロードできます。

Unsplash

Unsplashへのリンクもあるので、こちらから直接探すのもありですね。

More Unsplash

 

作成した画像はすべて、右下のダウンロードボタンをクリックすると即ダウンロード可能。

ダウンロード

ウェブサイトの作成にはもちろん、手軽に背景画像を変えたいときにも活躍しそうですね。おすすめです!