手書きの絵をプロの絵に置き換えてくれるGoogleの「AutoDraw」がスゴい!

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年4月13日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

Googleが、Webブラウザ上で使えるお絵かきツール「AutoDraw」をリリースしました。


→ AutoDraw

この「AutoDraw」、ただお絵かきできるだけじゃないんです。
なんと、素人のイマイチな絵でも、ワンクリックでプロが描いた絵に早変わり!
フリーハンドでなんとなく描いた絵でも人工知能が解釈して、プロが描いた綺麗なイラストに置き換えてくれるというものなんです。

使い方

AutoDraw」のサイトにアクセスして、「Start Drawing」をクリックするとお絵かきスタートです。

左側に、鉛筆がキラッ☆となったアイコンがありますね。これが「AutoDraw」です。
この状態でお絵かきを始めると、画面上部に、その絵に近いと判断された画像が出てきます。

近い画像を選ぶと、絵が置き換わりました!
すごい!めっちゃ上手い!

もうひとつやってみましょう。
なんかざっくり…雰囲気で描いて…

ワンクリックで置き換え!たーのしー!

左側の操作ツールは、上から
「移動」「AutoDraw」「描画」「文字」「塗りつぶし」「図形」「色」「拡大」「取り消し」「削除」となっています。

色を塗って、文字を挿入してみました。

出来上がった絵は、左上のメニューからダウンロードできます。

「Share」で、Twitter・Facebook・Google+にシェアすることもできますよ。

もちろん、スマートフォンやタブレットにも対応していますよ!

今のところ用意されている絵のパターンはそう多くないようですが、公式サイトによれば今後も追加予定のようで、参加するアーティストも募集しているとのことです。

おそらく、みんなが「AutoDraw」を使えば使うほど精度が上がっていくのでしょうし、今後も進化するgoogleのテクノロジーに期待が膨らみますね!