2019秋アニメ 私的第一印象をまとめてみた(ネタバレなし)

こんにちは、tomomiです。
10月も半ばを過ぎて、今季の秋アニメはほぼ出揃ったのではないでしょうか。今シーズンも膨大な数のアニメが放送されていますね。
さすがに全部に目は通せないので私が観たいと思ったものだけですが、1話見たところまでの感想を書いてみました!
(順不同)

特に下調べなどはせずに観ているので、色々間違ったことも書くかもしれませんがご了承下さい。

旗揚!けものみち

旗揚!けものみち
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

原作者が「このすば(この素晴らしい世界に祝福を!)」の方なんですね。なのでこのすばを入り口に観る人が多いのかな、という印象です。
そんな中で、今の時代まだまだ市民権を得られていない「プロレス」を題材にするのはチャレンジャーだな~と思いました。加えてケモナーって、ニッチすぎる。
「プロレスラーは強い」ということをちゃんと描いてくれているのがポイント高いです。これを観てプロレスに興味を持つ人が増えればいいなと思います。

TVアニメ「旗揚!けものみち」公式サイト

バビロン

バビロン
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

野崎まど原作のミステリー。
野崎まどといえば2017年に「正解するカド」というアニメがありまして、最初はシン・ゴジラっぽいポリティカルフィクションなのかな?と思って観ていたら、途中から「ヒロインは○○」ということが判明してなんじゃそりゃ!となり、付いていけなくなってやめた、という事がありまして…
今回も主人公は東京地検特捜部検事というお硬い感じなんですが、途中から急に変なコスチュームとか着やしないかとヒヤヒヤしています。
ストーリーは、権謀術数渦巻く政治と正義のお話、という感じで面白いです。
このまま進んで行ってくれ!

TVアニメ「バビロン」公式サイト

歌舞伎町シャーロック

歌舞伎町シャーロック
©歌舞伎町シャーロック製作委員会

キービジュアルを見たとき「顔ながいな~」と思ったのですが、本編でもその印象は変わらずでした。なんであんなに顔長いんでしょう…今はこういうのが受けるのかな?
まあそれはともかく、最初の事件から結構グロい。作品全体の雰囲気は割とおちゃらけた感じなので、ちょっとそのギャップに驚きました。
舞台は歌舞伎町ですが、シャーロックが理解し難い変人、というのはどんなホームズ物でも共通ですね。
歌とか落語とか下ネタ(?)とか、笑うところなんだろうけどなかなかノリに付いて行けなかったです。慣れれば面白いのかもしれない。

オリジナルTVアニメ「歌舞伎町シャーロック」公式サイト

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-
©TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

前期「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」を観たときにも思いましたが、Fate、とにかくお金あるなぁ!という印象。ゲームでの利益を惜しげもなくつぎ込んでいる感じが素晴らしいです。
内容は「ゲームやってるなら知ってるよね?」的な感じで説明が省かれているので、全くの初見だと急に凛イシュタルとか出てこられても意味不明かもしれません(私もよく分かってない)。
今のところ、お話としてはあまり惹かれるところは無い…ですが、キャラの可愛さとか、めっちゃ動く戦闘シーンとか、細かい背景とか、そのあたりを楽しんで見てます。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

SAO「アリシゼーション編」の2期ですね。1期からの流れで継続して観てます。
1期は2期の準備というか、ネタフリ段階なんだろうな、と思いながら観ていたので、面白かったかと言われるとそうでもなかったです。
原作は未読ですが、それでも全体的に「上澄み」を観ているような印象がありました。ユージオの生い立ちなどもそうですが、1期の整合騎士にしても一人ひとりの物語があった上での戦いの重みみたいなものが描ききれていない感じ。
ですが、噂によればここからが本番、怒涛の展開らしいので期待しています!

TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」オフィシャルサイト

真・中華一番!

真・中華一番!
© 小川悦司・講談社/「真・中華一番!」製作委員会

97年の「中華一番!」は当時見ていなかったのでまっさらな気持ちで見ました。
原作は「中華一番!」があって、続きが「真・中華一番!」なんですよね。今回のアニメはバキで例えると「グラップラー刃牙」を飛ばして「バキ」から見るような感じ…でしょうか?
1話は主人公のマオがどういう人物なのかを説明するための導入という感じで駆け足感がありましたが、至極まっとうな子供向けアニメでした。懐かしい雰囲気もありますね。
ただ、これ深夜アニメなんですよね…。朝7時とか夕方5時向きだと思うんですが、深夜にやって円盤とか売れるんかしら、と心配になりました。
キャラクターデザインも好みだし、これから登場人物も増えていくみたいなので楽しみにしています。

真・中華一番!|アニメ公式サイト

アフリカのサラリーマン

アフリカのサラリーマン
©Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019

一番予想を裏切られたのがこの作品。なんというか…結構内容がどぎつい。「しろくまカフェ」みたいなほのぼの系を想像していたら痛い目みました。嫌いではないんですが。
「それ言っちゃうんだ!」みたいな際どいセリフがバンバン流れるので、苦情来ないかな?といらぬ心配をしてしまいます。
大塚明夫さんがパーソナリティのラジオがあるのが嬉しいですね。貴重です。

TVアニメ「アフリカのサラリーマン」公式サイト -誇り高き、社畜たちの生きざま。-

PSYCHO-PASS サイコパス3

PSYCHO-PASS サイコパス3
©サイコパス製作委員会

PSYCHO-PASS自体は1をざっくり観ただけで、2以降の展開は知らないんですが、知らなくても十分楽しめると思います。
全8話って短いなーと思ってたら、なんと各話1時間!これは見るのに気合いがいるなあと思いましたが、すごく丁寧な作りで面白くて、あっという間に時間が経っていました。
細かい用語などはまだ理解できない部分もありますが、普通に刑事ドラマとして面白いです。主役2人のバディ感がいいですね。
脇のキャラも個性豊かで、丁寧に作られてるなという印象です。
そういえば、1期で重要な役を演られていた声優さんが別の役で出演されているのが気になりました。全然関係無さそうな役ですけど、なんかあるんでしょうか。

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』公式サイト

 

というわけで、今季私が観ているアニメの第一印象をざっと書き連ねてみました。
この中で最後まで見届けられるのは何作品でしょうか(^^;
また年末に、感想を書ければいいなと思っています。

 

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ:Prime Video