おしゃれな無料テーマも!見ているだけで楽しい海外のおすすめWordPressテーマサイト

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年3月16日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

WordPressでサイトを作るとき、まず悩むのが「テーマ選び」ですよね。

どんな目的のサイトなのか、どういう見せ方をするのかを考えながらテーマを探して、あーだこーだと試している時間は、悩ましいながらも楽しいものです。

WordPressのテーマは、管理画面の「外観>テーマ」から目的に合わせて検索するという方法が一番スタンダードだと思いますが、私はテーマの作者さんのサイトへ直接行って、デモを見ながら探すことが多いです。

最近では日本製でおしゃれなテーマも増えてきましたが、やはり海外製はハイセンスでトレンドを押さえているテーマがどんどん出てくるので、用もないのに眺めちゃいます。

というわけで、私がよく見るテーマサイトをいくつかご紹介したいと思います。
 

aThemes

→ aThemes

色合いが優しい雰囲気のテーマが多い印象の「aThemes」。
このスタジオセロのサイトも、こちらで配布中の「Talon」を使わせてもらっています。

いくつかのテーマは「Pro」バージョンとして、有料版もリリースされています。
 

AccessPress Themes

→ AccessPress Themes

とても種類が豊富で、特にマガジンタイプやウェブショップ向けのテーマが多い印象です。
比較的、ビジネス向きのデザインだと思います。

テーマに対応したプラグインも充実していて、カスタマイズ性が高いですね。
 

ThemeGrill

→ ThemeGrill

ネパールで運営されているサイトです。
スッキリしたシンプルなデザインが多く、どんなタイプのサイトでもマッチしそうです。こちらもビジネス向きかも。

ほとんどのテーマに、無料バージョンとPro(有料)バージョンがあります。
 

Cryout Creations

→ Cryout Creations

東ヨーロッパを拠点とするチームのサイト。
数は多くありませんが、独創的なデザインのテーマもあって、私は結構好きです。

テーマ自体は無料で使用できるほか、有料のサポートプランがあります。
 

ThemeZee

→ ThemeZee

マガジンタイプのテーマに特化したドイツのサイト。ニュース系サイト等を作りたい方に向いてそう。

無料バージョンと、3つのプラン(1年・2年・永久)から選べるプロバージョンがあります。
 

cssigniter

→ cssigniter

無料のテーマはそう多くありませんが、独創的なデザインのエッジの効いたテーマが多いです。
ファッション系のサイトに良さそうです。

有料の場合は、テーマ単独(1年)・すべてのテーマ(1年)・すべてのテーマ(永久)の3つのプランがあります。
 


以上、6つのサイトのご紹介でした。

たくさんのテーマを眺めているだけで、あっという間に時間が経ってしまいます;
WordPressを使わないときでも、デザインのイメージを掴むために見るだけでも勉強になりますよね。