ChromeでのWebページキャプチャには拡張機能「Open Screenshot」が便利!

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年5月10日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

以前、FirefoxでのWebページキャプチャにオススメのアドオン「Pearl Cresent Page Saver」についての記事を書きました。

縦長ページも範囲選択も!Firefoxアドオン「Pearl Cresent Page Saver」でWebページのキャプチャーが簡単!

この時は、Chromeについては「これ!」といったものが見つからなかったので見送っていたんですが、今回、いいものがあったので紹介します。
「Open Screenshot」という拡張機能です。
→ openscreenshot.com

拡張機能のインストール

  1. Chromeウェブストアで「OpenScreensoot」を検索し、「CHROMEに追加」をクリック。

     
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。

     
  3. インストールが完了すると、ツールバーにアイコンが表示されます。

     

使い方

ツールバーのアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

見たままをスクリーンショット ブラウザで表示された部分だけをキャプチャ
ページ全てをスクリーンショット ページ全体をキャプチャ
Capture region of the screen 選択領域のキャプチャ

それぞれのボタンをクリックすると別タブが開き、編集画面になります。

フロッピーディスクのアイコンをクリックすると、PNGまたはJPGで画像が保存されます。
(種類は「Settings」で変更できます)
どうでもいいですけど、フロッピー=保存ってちょっと古い…。

その右のボタンではそれぞれ、「PDFで保存」「クリップボードにコピー」「サムネイル画像として保存」「印刷」が可能です。
ワンクリックでPDFにできるのが地味に凄いです。

下のボタンからは、Gmail・Dropbox・Evernoteなどに共有ができます。

また、キャプチャして保存する前に、左上のツールで直接画像を編集することができます。
下図のように、注釈を加えてから保存できるので便利ですね!

他にも機能が盛りだくさんで、Chromeのキャプチャはこれひとつでバッチリって感じです。
これからの作業が捗りそうです。