これは便利!WordPressの子テーマが簡単に作成できるプラグイン「Child Theme Configurator」

WordPressのサイトをカスタマイズする場合は、「子テーマ」の使用が推奨されています。

子テーマの作り方については、以前記事を書きました。

アップデートするその前に!WordPressのカスタマイズは子テーマ作成からはじめよう

記事にもあるように、子テーマを作ること自体はそう難しくありません。
ですが、親テーマによっては普通のやり方ではうまくいかない場合があり、そういう時はプラグインを使うという方法もあります。

Child Theme Configurator」は、ファイルを用意したりFTP転送をしなくても、簡単に子テーマが作れるプラグインです。

インストールと有効化

WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」を開いたら「Child Theme Configurator」と検索して、「今すぐインストール>有効化」します。

今すぐインストール

使い方

まず、子テーマを作りたいテーマ(親テーマ)をあらかじめインストールしておきます。
次に、ダッシュボードの「ツール>Child Themes」をクリック。すると子テーマの作成画面が開きます。

Child Themes

あとはいくつか項目を設定していけば、あっという間に完了します。

  1. Select an action
    何をするかを選択します。新たに子テーマを作成する場合は「CREATE a new Child Theme」にチェックを入れます。
    ※初めてこのプラグインで子テーマを作る場合はこの「CREATE a new Child Theme」という項目しかありません。
    Select an action
  2. Select a Parent Theme
    次に、親テーマを選びます。プルダウンから対象のテーマを選択したら…
    Select a Parent Theme
  3. Analyze Parent Theme
    Analyze」をクリック。
    問題がなければ、「このテーマは子テーマとして使用しても問題ないようです」というメッセージが表示されます。
    Analyze Parent Theme
  4. Name the new theme directory
    子テーマを格納するフォルダの名前を決めます。デフォルトで「親テーマ-child」という名前になるので、特に変更の必要はありません。
    Name the new theme directory
  5. Select where to save new styles
    通常は「Primary Stylesheet (style.css)」でOKです。
    Select where to save new styles
  6. Select Parent Theme stylesheet handling
    親テーマのスタイルシートの処理を選択します。あえて「@import」を使ったり、親テーマのスタイルシートを無視したりしないのなら、一番上の「Use the WordPress style queue.」でOKです。
    Select Parent Theme stylesheet handling
  7. Customize the Child Theme Name, Description, Author, Version, etc.
    子テーマの名前、説明、作者、バージョンなどをカスタマイズする項目です。入力しなくても作成は可能です。
    Customize the Child Theme Name, Description, Author, Version, etc.
  8. Copy Menus, Widgets and other Customizer Settings from the Parent Theme to the Child Theme
    既に親テーマでカスタマイズされたメニュー、ウィジェット、その他の設定を子テーマにコピーする場合はチェックします。
    全く新規で子テーマを作成する場合は必要ありません。
    Copy Menus, Widgets and other Customizer Settings from the Parent Theme to the Child Theme
  9. Click to run the Configurator
    全ての項目を確認したら、「Create New Child Theme」をクリックします。
    Click to run the Configurator

「Child Theme テーマ名 Child has been successfully.」というメッセージが表示されれば、作成成功です。
Preview your child theme」をクリックすると、新しい子テーマのプレビューができます。

Preview your child theme

プレビューしてみて問題なさそうなら有効化しましょう。

いくつかのテーマで試してみましたが、問題なく子テーマを作成することができました。
自分で子テーマを作ってもうまくいかない時や、配布元が子テーマを用意していない時などに、この「Child Theme Configurator」が助けてくれそうです。