戦略・頭脳系スマホゲームの頂点「クラッシュ・ロワイヤル」をやろう!

MMDにて3DCGによる多彩な動画が作れる事に魅入られ、「カイト伝」をはじめとするMMDアニメーションを制作中。
その他、ゲーム実況などにも手を出す。

この記事は2017年9月6日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

今日は珍しく、ゲームのアプリを紹介しようと思います。その名も「クラッシュ・ロワイヤル」です!
今さら感が強いかもしれませんが、私がリリース当初から今も続けている唯一と言っていいゲームですッ!

クラッシュ・ロワイヤルってどんなゲーム?

簡単に言ってしまうと、

  • 対人対戦型
  • 制限時間4分
  • 8枚のカードでデッキを組み、相手のタワーを破壊する

というゲームです。ストーリなどは無く、対戦特化型ですね。

カードは75種類です(2017/09/05時点)。
「ノーマル」「レア」「スーパーレア」「ウルトラレア」と、よくある仕様ではありますね。

ちなみにスマホの画面キャプチャは、簡単にスマホとパソコンを繋いでミラーリングできるアプリ「AirMore」を使っています。
興味ある方はこちらの記事をご覧ください。

これは便利!スマホの画面をパソコンにミラーリングしてデータのやり取りが簡単にできるアプリ「AirMore」

この75種類のカードの中から8枚を選んで、デッキを組み対戦します。といっても、最初から75種類あるわけではありません。まず対戦し、勝つことで宝箱がもらえます。

その宝箱の中にカードが入っているというわけですね。

対戦に勝つとレーティングが上がっていきます。レーティングが上がると、それに合わせてステージが進んでいき、カードの種類も増えてきます。そのカードにもレベルがあります。

例えばナイトのカードを4枚集めれば、ナイトをレベル2にすることができます。10枚集めれば騎士をレベル3にすることができます。こうやってカードをどんどん強くしていきます。

「なーんだ、よくある設定じゃん」と思われるかもしれませんが、そのよくある設定の作り込みが凄いんです!

続いては、私がもっとも伝えたい「クラッシュロワイヤルのここが素晴らしい!」というポイントを語っていきます!

 

カードのバランス調整が神!

カードには「ノーマル」「レア」「スーパーレア」「ウルトラレア」の4つのレベルがありますが、必ずしもノーマルがウルトラレアに劣るということはありません。
それぞのカードにメリットとデメリットがありそのバランスが素晴らしく、このゲームを面白くしています。

ウルトラレアだけのデッキというのも組めますが、大して強くありません。言うなれば4番打者だけで野球のチームを組んだみたいなもんでしょうか。
どんな対戦相手にあたってもバランス良く勝っていけるよう、自分自身のデッキを組む必要があります。

また、75種類もあって、利用価値のないカードが一枚もないのが凄いところです。
当然自分自身にとって使えないカードはあります。ですがそれは自分自身にとって苦手なカードであって、利用価値の無いカードとは違います。

対戦していると、自分では絶対に使わないようカードでも使用している人がおり、その人と戦って「こんなにも強いカードなのか」と思うこともしばしばです(でも自分が使うのは苦手)。

それもそのはずで、非常に細かなバランス調整が運営側でたびたび行われます。自分の感覚ですが、月一ぐらいで行わているような気がします。
強いカードはウルトラレアであっても下方修正対象となり、逆に使用頻度が低いカードは使いやすいよう調整されます。
このきめ細かなバランス調整がゲーム性を高めているのでしょう。

 

公式大会やフレンドバトルではレベルが統一される!!

課金すればカードのレベルを上げられるのでどんどん強くなっていきます(上限はレベル13です)。
となれば無課金者には厳しいと思われがちですが、公式の大会ではレベルが9に統一されます。1の人も13の人もみんなレベル9になります。
完全実力制となるのが良いところです。

また、自分のレベルより2つ以上の人と当たることはほとんどありません(3以上と当たったことはないですね)。
ほとんどが同じレベルです。そこも良いところですね。

 

課金者と無課金者の扱いのバランスが良い!

課金者

当然有利。カードのレベルをどんどん上げる事ができ、ステージを上げていくことができます。しかしレベルはMAXで13。そこからはいくらお金を注ぎ込もうと、実力だけがモノを言う世界になります。

レーティングを下げて弱い人と戦おうとしても、同じことを考えてステージを下げたMAXレベル13同士での戦いとなり、あまり意味はないです。
前述したとおり、公式大会ではレベルが統一されるため、課金としての優位性はなくなります。

無課金者

欲しいカード、レベルを上げたいカードがなかなか手に入らない。早くステージを上げたくても、地道にコツコツと行くしかないですね。
公式大会ではレベルが統一されるため、無課金による弱みはありません。

 

このように、お金で解決出来る要素は結構少ないです。相手に勝ちたいと思えば、課金よりもゲームの腕を磨くしかありません。このあたりのバランスが私はスゴいと思います。

昨今ありがちなアニメキャラクターや声優先行型のソーシャルゲームと違って、真にゲーム性を突き詰めているところが高評価です。

 

クラッシュロワイヤルの短所

強いて言うなら、カードのレア度に差がないことでしょうか。ウルトラレアにあまり喜びを感じることができません。他のゲームだとウルトラレアが出れば「よし!」となりますが(キャラゲーというのもあるかもしれませんね)、クラッシュロワイヤルではそうなりません。
ただウルトラレアが強くなればそれしか使わなくなるので、やっぱり今のバランスで良いんでしょうね。

他に短所と言えば、負けると超絶イライラするという点でしょうかw

私も負けると(負け方や連敗数にもよりますが)めっちゃイラつくことがあります。声も出ることがあり、嫁から「うるさい」と言われることもあります。

そのせいか、「そこまで悔しがれるゲームなら私もやってみようかな」って事で嫁もクラッシュロワイヤルをはじめました。すると最初は良かったんですが、ある程度ステージが上がってきたところで負けが込み、「あーもーイライラする!このゲームやめる!」と激しくイラついていましたw
とは言えその翌日にはまたプレイを再開していたのですが、「イライラする理由が分かった」と言っていました。

このイライラは体験しないと分からないところではありますが、そこもひっくるめてよく出来たゲームだと思います。

 

最後に

繰り返しになりますが、アニメや漫画などキャラモノが目立つスマホゲームですが、このクラッシュロワイヤルはゲーム性を追求したホントに良く出来たゲームだと感じています。
やったことのない方は是非遊んでみてください!当然無料で遊べますよ!

→ クラッシュ・ロワイヤル公式ページ