使用しているパスワードが安全かどうか診断してくれるChrome拡張機能「Password Checkup」

Password Checkup」は、Googleが提供しているChromeの拡張機能。
ネット上で使用するパスワードが、データ漏洩の影響を受けているかどうかをチェックし、教えてくれるというものです。

ログイン時、安全でないユーザー名やパスワードを入力すると、Googleの持つ情報を元に自動で判断してアラートが送信されます。
これはGoogleのサービスに限らず、どんなサイトのアカウントでもチェック可能です。

拡張機能のインストール

  1. chromeウェブストアで「Password Checkup」を検索し、「Chromeに追加」をクリック。
    Chromeに追加
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。
    拡張機能を追加
  3. Password CheckupがChromeに追加されました。
    Chromeに追加されました

使い方

使い方は特にありません。
インストールすれば、さまざまなサイトのログイン時にアカウントとパスワードを自動でチェックしてくれます。

ログインの際に自分でツールバーのPassword Checkupのアイコンをクリックすると、データ侵害の危険があるかどうかを見ることができます。

ログイン画面

ポップアップ

私が試した限りではアラートは検出されませんでしたが、もし検出された場合は真っ赤なポップアップで通知されるようです。

通知された「安全でないパスワード」はすぐに変更することをおすすめしますが、変更しない場合は除外設定をすることも可能です。
除外設定も含め、検出された情報はハッシュ化されChromeに保存されますが、詳細設定でデータを消去することができます。

詳細設定

パスワードの使い回しをしない、というのは今や基本中の基本ですが、どれだけ徹底しても不安は残るもの。
「Googleに精査を委ねる」ということに抵抗がなければ、こういうツールを使うのもひとつのセキュリティ対策として有効かもしれません。