トップ企業がどんなツールを使っているかが分かるサービス「Siftery」

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年3月15日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

ビジネスで使用するツールは、その企業やプロジェクトによって様々です。
コミュニケーションツールひとつを取っても、「Slack」「Chatwork」「Hangout」など多くのツールがあります。

Siftery」は、企業がどんなツールを使っているかを調べることができるサービス。

メールアドレスでサインアップするだけで、様々な有名企業が使用しているツールが一目でわかります。

登録方法

Sifteryのサイトにアクセスしたら、右上の「Log In / Sign Up」をクリックします。

Log In / Sign Up

次の画面でメールアドレスを入力し、「Get started!」をクリック。
※フリーメールでは登録できません。

Get started!

届いたメールのURLを開き、パスワードを入力して「All done!」をクリックしたら登録は完了です。

All done!

自身の使用するツールを登録する画面が表示されますが、右上の「Skip」でスキップすることも可能です。

Skip

 

企業を検索する

さっそく、有名企業がどんなツールを使っているのか調べてみましょう。
画面上部の検索ボックスに、企業名を入力してみます。

Search

たとえば、人気コミュニケーションツールの「Slack」で検索すると、このようにツールがずらり。

Slack

そのほか、「Microsoft」や…

Microsoft

「Sony」などでも検索してみました。

Sony

このように、企業の使用するツールを部門ごとに一覧で見ることができます。
これらの情報は、Sifteryが調査したものもあれば、企業が進んで登録したものもあるそうです。

名だたる企業が採用したツールを知ることで、自身の仕事やプロジェクトでのツール選びに活かすことができそうですね。

 

類似サービスを探す

そして、このサービスのもうひとつの利点は、「類似サービスが探せる」というところ。

先ほど検索したツールの一覧から、任意のツールをクリックすると詳細ページにジャンプします。

ツールの詳細ページ

そこで「Alternatives」をクリックすると、類似したサービスが表示されるんです。

類似サービス

どんなツールを使っていいか迷ったら、まずはトップ企業のお眼鏡にかなったツールを参考にしてみるのも、いいかもしれません。