Androidの「Smart Lock」が便利!自動ロック解除で快適スマホ生活

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年2月16日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

スマートフォンのロックって、かけていれば安心ですがちょっと面倒な時もありますよね。
特に自宅や自室に居るときにまでロックをかけているのは必要ない気がします。

でも、居場所が変わる度に設定し直すのもめんどくさい!
そんな時はAndroidの「Smart Lock」という機能を使えば、「自宅に帰ると自動的にロックを解除する」なんていうことができちゃうんです。

これ、何気に便利なんですよ。

設定方法

Androidの「設定>ユーザー設定」から「セキュリティ」をタップします。

セキュリティ

「端末のセキュリティ」から「Smart Lock」をタップ。
設定をするには、この後「PIN、パターン、またはパスワード」の入力が必要です。

ここでは、以下の5つの項目の設定ができます。

持ち運び検知機能 スマートフォンを手に持っていたり、運んだりしている時はロックを解除したままにできる
信頼できる場所 信頼できる場所(自宅など)を登録すると、その場に居る時はロックを解除したままにできる
信頼できる端末 登録した端末の近くに居る時はロックが解除される
信頼できる音声 ロック画面に話しかけると、ロックが解除される
認識時の顔  顔を認識すると、ロックが解除される

実際、「持ち運び検知機能」を設定してからすごく快適になりました。
例えば外を歩いていて、スマホで地図を見てから数分以内にまた見たりする時であれば、ロックがかかっていないのでいちいち解除するストレスがありません。

信頼できる場所」を自宅に設定しておけば、家に居る時は自動的にロックが解除された状態になります(ただし、スマホを使わない状態が 4 時間続いた場合や再起動を行った場合は、ロック解除が必要)。

外に出かけたりしてその場から離れると自動的にロックがかかるので、万が一紛失した時も少しは安心です。

「信頼できる場所」は複数の登録も可能。範囲は設定した位置からおよそ半径80m以内となります。

もちろんこの2つに関しては、同居している家族や、出先で一緒の友達などにスマホを観られてしまう可能性があります。
それなりにリスクはありますが、この便利さとセキュリティ、どちらを取るかですね。

そんなに気にしないという人であれば、快適さは段違いだと思いますよ。