EvernoteとGoogleカレンダーを連携できる「ミーティングノート」を使ってみた

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年11月9日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

仕事のメモとして、あるいはブログのネタ帳として、普段からお世話になりまくっているEvernote
パソコンではWindows版を使っていますが、ブラウザで手軽にアクセスできるのでウェブ版もたまに使います。

いつ頃からかは覚えていないんですが、ウェブ版のメニューに「新規ミーティングノート」という項目ができていたんですよね。

新規ミーティングノート

ずっと気になってはいたので、ちょっと試してみることにしました。

使い方

ウェブ版Evernoteで、「新規ミーティングノート」のアイコンをクリック。
すると「Googleカレンダーのイベント用に、簡単にノートを作成&共有」と書いてあります。Googleカレンダーと連携する機能だったんですね!

新規ミーティングノート

ここは素直に「Googleカレンダーと連携」をクリック。するとEvernoteがカレンダーにアクセスするかどうか訊いてくるので、「接続」をクリックします。

Googleカレンダーにアクセス

今度はGoogleのアクセス許可設定です。接続するアカウントを選んで「許可」をクリック。

アカウントの選択

Googleカレンダーから今後の予定が読み込まれるので、ノートを作成したい予定をクリックします。

ミーティングノートを作成

するとGoogleカレンダーの予定の名前のノートが作成され、「日時」「場所」「参加者」「説明」「ノート」の項目が自動で作成されます。

作成されたノート

あとは、自由に書き加えていくだけです。

作成されたノートのリンクから、カレンダーの予定にジャンプすることもできます。
(ただし、Googleカレンダー側からはEvernoteには飛べないみたいです)

カレンダーにジャンプ

「ベータ版」との記載があるので今後正式に搭載されるのかどうかは今のところ分かりませんが、予定されたミーティングについて自分のメモを作れるのは便利だと思います。

ただ、何度か試してみたら「時間」を設定していない予定は表示されないみたいなんですよね。
ざっくり日にちだけ入れてある、みたいな予定には使えないのが少し残念でした。

今後、機能がもっと改善されるといいですね。