ネーミングに悩んだらこれ!英語で名前を自動作成してくれる無料ツール「wordoid」

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年4月6日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

ウェブサイトの名前やドメイン名に限らず、アカウント名やニックネームなど、名前を考える機会って意外と多いですよね。

早く新しいサービスを使いたいのに、名前を決めるのに何分も悩んでしまって中々始められない…なんてこと、ありませんか?

今日紹介する「WORDOID」は、キーワードを指定するだけで自動的に様々な名前を考えてくれるツールです。
英語のほか、スペイン語・フランス語・イタリア語・ドイツ語に対応しています。
もちろん無料ですよ!
→ WORDOID – Creative Name Generator – Domain names, company names
 

使い方

WORDOIDのサイトにアクセスすると、右のグリーンのエリアには既にランダム生成された名前が表示されています。
この中から使いたい名前を選んでもかまいません。


 

左のオレンジのエリアでは、キーワードを指定するとそのキーワードを含む名前を自動的に生成してくれるんです。
ちょっとやってみましょう。

  1. まず、「Languages」で言語を選択します。大抵の場合、英語ですかね。

     
  2. 次は「Quality」。これは、レベルが高いほど元のキーワードに近く、自然に感じられるような言葉が生成されるそうです。

     
  3. 「Pattern」には、元になるキーワードを入力します。
    今回は「sero」と入力してみました。

     
  4. 「Length」では、単語の長さの最大値を設定します。デフォルトは「10」が設定されています。

     
  5. ドメイン名での使用を考えていて、.comと.netの両方のドメイン名を使用できない(既に使われている)場合、「Hide」を選択すれば結果から非表示にできます。

     
  6. 最後に、一番上の「Create wordoids」をクリックすると、名前が生成されます。

     

すると、「sero」を元にした名前がずらりと表示されました!

「Next」をクリックすれば次々表示されるので、しっくりくる名前が出るまで探すこともできますね。
そのまま使わなくても、考えるための叩き台になりそうです。

名前を付けるのに悩んだら、「WORDOID」に任せてみてはどうでしょうか?