Chromeで新しいタブを開いたときのページを指定できる拡張機能「New Tab Redirect」

日頃からとってもお世話になっているChromeブラウザ。Googleアカウントと連携させることで様々なメリットがあり、非常に重宝しているわけですが、一方で「なんで出来ないんだろう?」とずっと思っていることがあります。

それは「新しいタブ」を開く時のページが指定できない、ということ。

ブラウザを立ち上げたときに開く、いわゆる「起動ページ」は設定できますが、新しくタブを開くときの内容は設定する項目がありません。

起動ページの設定

個人的には特定のページよりも、GoogleカレンダーやGoogle keep などのよく使うアプリを開くようにしたいんですが、そういう純正(?)のサービスすらも設定できるようになっていません。

というわけでまたまた拡張機能にご登場願います。
その名も「New Tab Redirect」。

拡張機能のインストール

  1. chromeウェブストアで「New Tab Redirect」を検索し、「Chromeに追加」をクリック。
    Chromeに追加
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。
    拡張機能を追加

使い方

インストールしたら、ツールバーのアイコンから「オプション」をクリックします。

オプション

するとURLの設定画面が開きます。
新しいタブに特定のページを指定したい場合は、「Redirect URL」にURLを入力し、「Save」をクリックします。

Redirect URL

または、「Popular Pages」からページを選択するか、「Chrome Pages」でChromeのブックマークや履歴を指定することもできます。
「Chrome Apps」でアプリ一覧を表示させるのも便利そうですね。

Popular Pages、Chrome Pages

試しに「Redirect URL」にGoogleカレンダーのURLを入力してみると…

Redirect URLに入力

このように、いつでも新しいタブでカレンダーが開くようになりました!

新しいタブでカレンダー

この機能、デフォルトで付けて欲しい…。
でも、未だに無いということは、そこまで必要とされていないってことなんでしょうかねぇ。