さまざまなウェブサービスに自分のデータをリクエストするとき便利な「My Data Request」

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

以前、Twitterのツイート履歴をすべてリクエスト(ダウンロード)する方法を紹介しました。

自分のツイート履歴を全てダウンロードする方法

Twitterに限らず、自分が登録している様々なサービスのデータをバックアップしたいと思ったとき、その場所や方法って結構分かりにくかったりします。

My Data Request」は、さまざまなウェブサービスに預けた自分のデータのダウンロード方法をまとめているサイトです。

それぞれのサービスのプライバシーポリシーへのリンクもあるので、気になったらすぐに確認することができます。

使い方

My Data Request のサイトにアクセスし「Get Started」をクリックするか、下にスクロールします。

Get Started

すると「Facebook」「Uber」「LinkedIn」「Slack」「Twitter」「Airbnb」「PayPal」などのアイコンが並んでいます。扱っているサービスは100を超えるとのこと。
上の検索ボックスから検索することもできます。

services

例として「Gmail」をクリックすると、このようなポップアップが表示されます。
右下が、プライバシーポリシーへのリンクになっています。

here

here」の箇所をクリックすると、Googleアカウントの「コンテンツの管理」ページにジャンプするようになっています。

コンテンツの管理

サービスによっては、直接ダウンロードができない場合もあります。
例えば「Supercell」をクリックしてみると…

Supercell

リクエスト先のメールアドレスと、問い合わせ用のメールテンプレートが表示されます。

リクエスト先

名前やメールアドレスを自分のものに書き換えれば、すぐにメールが送れるようになっているというわけです。

メールテンプレート

データをバックアップしたい、または何らかの理由で自分のデータのリクエストが必要になった時は、「My Data Request」が役に立つかもしれません。

My Data Request