Paypalユーザー同士で簡単に決済ができるサービス「Paypal.me」が便利そう!

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年5月10日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

言わずと知れた大手インターネット決済サービス「Paypal(ペイパル)」。

クレジットカード番号を直接やり取りしなくても取引やショッピングができるので、世界中で利用されています。
私も、海外のサイトでプラグイン等を購入する際などによく使っています。

そんなペイパルが提供しているもう一つのサービス「Paypal.me」は、URLを伝えるだけで簡単に決済ができるというもの。

paypal.me/hogehoge」のような一意のURLを作り、これをメールやSMSなどでペイパルユーザーの相手に伝えれば、支払が受けられるという手軽さなんです。

初期費用、月額手数料、新規登録は無料。

今のところ使う予定はありませんが、面白そうなので設定してみることにしました!

設定方法

「Paypal.me」を利用するには、専用サイトからの申込が必要です(PC・スマホどちらにも対応)。
ペイパルの「プレミアアカウント」または「ビジネスアカウント」があれば利用可能です。

Paypal.me のサイトにアクセスしたら、「自分専用のリンクを作成してみる」をクリックします。

自分専用のリンクを作成してみる

paypal.me/」の後に続くURLを英数字で指定します。
これは一意でなければならないので、他の人が既に使っているURLは取得できません。

URLを入力する

URLが決まったら、「このURLを使用する」をクリックします。
ペイパルに未ログインの場合は、ここでログインします。

ログイン

次に写真やロゴ、テーマカラーの設定をします(任意)。
ここで「Paypal.meの作成」をクリックするとURLが確定され、後から変更することはできないので注意してください。

Paypal.meの作成

設定が完了しました!
ここに表示されているURLを相手に共有すれば、支払を受けることができます。

完了

作成したURLを開くと、このようになります。

支払画面

「paypal.me/ユーザー名」の後ろに金額を付け加えれば、あらかじめ金額を設定して請求することもできるんですよ。

例:paypal.me/hogehoge/500 → 500円

他の通貨で請求したい場合は、数字の後ろに通貨コードを付加します。

例:paypal.me/hogehoge/5USD → 5ドル

といった具合です。

わざわざ請求情報を伝える必要がないので、副業をしている人や個人事業主など、小口の取引が多い人にはありがたいサービスですね。

Paypal.me