カスタマイズも色々!Tweetdeckで絵文字が使えるChrome拡張機能「BetterTweetDeck」

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年2月6日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

パソコンでTwitterするならダントツで便利な「Tweetdeck」。

https://tweetdeck.twitter.com/」にアクセスしてログインするだけで、カラム形式のビューや複数アカウントの管理、予約投稿までできてすごく便利。
私も愛用しています。

以前、予約投稿について書いた記事はこちら↓

Twitterで予約投稿するなら「TweetDeck」が簡単!

そんなTweetdeckですが「絵文字」は使えないのが残念だなぁと思っていたところ、「BetterTweetDeck」という拡張機能を見つけました。

拡張機能のインストール

  1. Chromeウェブストアで「BetterTweetDeck」を検索し、「CHROMEに追加」をクリック。
    CHROMEに追加
  2. 確認メッセージが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。
    拡張機能を追加
  3. 完了すると、ツールバーにアイコンが表示されます。
    ツールバー

使い方

BetterTweetDeckをインストールしたら、一度Tweetdeckを再起動(1回タブを閉じて開き直す)します。
そして、左上のツイートアイコン(羽のマーク)をクリック。

ツイートアイコン

すると、すこし投稿画面が変わっているのが分かりますか?

投稿画面

ツイートの入力欄の下、一番左の顔アイコンをクリックすると…

絵文字の一覧

絵文字の一覧が現れました!

これでモバイルからでなくても、パソコンからのツイートにも絵文字が使用できます。

 

カスタマイズ

その他、「BetterTweetDeck」では様々なカスタマイズが可能になっています。

サイドバーの設定アイコンをクリックすると、BetterTweetDeckの設定画面が開きます。

設定

時刻の表示スタイルを相対表示(35m)から絶対表示(14:25)に変えられたり、
(これは何気にうれしい!)

時刻の表示スタイル

サービス毎にサムネイルを表示するかどうかを設定できたり、

サービスのサムネイル

アカウントの表示をカスタマイズできたりします。

名前の表示スタイル

他にもいろいろと細かく設定することができるので、「Tweetdeck」と「BetterTweetDeck」で自分好みのTwitter環境を作ってみてくださいね。