デザインも使い勝手も文句なし!あっという間にお湯が沸くRussell Hobbs(ラッセルホブス)の電気カフェケトル

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2018年1月27日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

私は家でコーヒーなどを飲む時には「電気ケトル」でその都度お湯を沸かしています。「それって面倒じゃない?」と思われるかもしれませんが、コーヒーカップ1杯ぶんくらいなら、1分程度でお湯が沸くのでとても便利なんです。

Russell Hobbs(ラッセルホブス)は、イギリス生まれの家電ブランド。

特にカフェケトルが有名で、我が家でもここのケトルを使っています。
インテリアショップなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

Russell Hobbs
© ラッセルホブス – Russell Hobbs

水を入れてスイッチを入れ、沸騰すると自動的に切れるしくみ。
お湯は本当にあっという間に沸きます。
単純な造りなので、使い始めて5年くらい経ちますがまったく問題なく使えています。

必要な時に必要なぶんだけ沸かすので、ずっと保温状態の電気ポットを使うよりも電気代が節約できるのもいいところですね。

私的に重要なのは、注ぎ口
普通のヤカンに比べると少し細いですが、これがコーヒーをドリップするときにちょうどいい。

注ぎ口

ティ◯ァールとかだと、注ぎ口が大きすぎて「だばぁ」っと出ちゃうんですよ…。

見た目も洗練されたデザインなので、台所に置いているだけでも様になります。

お湯しか沸かさないのでケトルを洗うことはあまりないですが、ちょっと内側が汚れてきたなと思ったら、沸騰させた後にクエン酸を加え、半日ほど放置してからすすぐとピカピカになります!
(外側は布などで磨きます)

ヤカンにしては少し値が張りますが、長持ちしますし、持っててよかったと思えるもののひとつです。

今使っているのが壊れても、また同じものを買おうと思っているくらいにはお気に入りです(^-^)