ちょっと特別な日のおつまみに!熊本名物「馬刺し」をお取り寄せ

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年7月13日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

こんにちは!tomomiです。

我が家では、休みの日の前日に時おり「ちょっと贅沢な晩酌」をします。
以前紹介した「鶏のたたき」もそのひとつ。

晩酌のおともにオススメ!リーズナブルでめっちゃ美味しい、ミート21「鶏のたたき」

こういった物を時々お取り寄せして、ささやかな贅沢を楽しんでいます。
たまーに食べる美味しいものってテンションが上がるし、これを食べるために1週間がんばろう!って思えますもんね。

そして今日紹介するのは、鶏のたたきよりも少しグレードアップしたおつまみ、「馬刺し(ばさし、うまさし)」です!

馬刺しって食べたことありますか?
普段口にする機会はあまりないと思いますが、熊本が主な名産地で、旅行やおみやげで食べたことがある方もおられると思います。

ネットでも買うことができ、うちでよくお取り寄せしているのは「杉乃屋」という熊本県のお店の馬刺しです。


→ 馬刺の杉乃屋

夫が、ある配信者さんの放送でここの馬刺しを食べているのを見たのがきっかけでした。

馬刺しなんて、現地に行って食べるかおみやげで買って帰る、のどちらかで、通販っていう感覚があまりなかったんですけど、その放送を見て、試しに買ってみるか!ってことになりました。

馬刺しにも色々な商品…というか部位があるんですが、「霜ふり」や「トロ」単品だと結構なお値段がするので、どんなものか様子を見たいならまずは「詰合せギフト」から試すのがオススメです。

我が家では一番リーズナブルな「赤身馬刺詰合せ」をよく購入します。
それがこちら!

「赤身300g」「たてがみ100g」と、馬刺し専用の醤油がセットになっています。肉はすべて真空パックされています。
配送方法は冷蔵と冷凍があり、いっぺんに全部食べるのでなければ冷凍がいいと思います。

食べるときは、あらかじめ冷蔵庫に移して半解凍しておくか、食べる前に流水に10分ほど浸けて解凍してから包丁で薄くスライスします。

薬味などと一緒に盛り付けたら、できあがり!

この時はかいわれ大根でしたが、さらし玉ねぎ等も良いと思いますよ。生姜やにんにくとの相性も抜群です。

赤いのが「赤身」、手前左の白いのが「たてがみ」、手前右のは今回追加で買った「ふたえご」です。

赤身」はやわらかくて臭みもなく、口の中にいれるとトロトロと溶けるような口当たりです。

たてがみ」は馬肉にしかない希少な部位のお肉で、コリコリとしていてすごく甘みがあります。
単独でも美味しいですが、赤身とたてがみを一緒に食べると、これがまたなんともいえず美味しい!霜降りなんて目じゃないくらい(多分)です。
両方の肉の味が引き立って、これぞ馬刺し!という旨さです。

ふたえご」は今回初めて買ってみたんですが、これも歯ごたえがあって美味しかったです。
脂身が多いように見えますが、とてもあっさりとしていて、噛めば噛むほど味が滲み出てくる感じ。

そして、この詰合せセットに付いてくる「馬刺し醤油」がまた美味しいんですよ~。
馬刺しの時はこの醤油じゃなきゃダメです!

普通の醤油より甘くてとろみがあって、馬刺しにはこれが合うんですよ。
前に紹介した鶏たたきにも合うので、夫なんてこの醤油だけ買いたい、っていうぐらいです。

馬刺しに生姜を乗っけて、このお醤油をつけて口に入れるのが至福!
また頑張ろう!という気になれます。

お店で食べようと思うとほんのちょっとの量で結構なお値段だったりしますが、お取り寄せならがっつり馬刺しが食べられますよ。

お家で馬刺し、オススメです!