Twitter、新設アカウントやフォロー外アカウントからの通知をオフにできる設定を追加

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年7月12日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

Twitterの「通知」に、新しい項目が追加されました。

普段、リプライや自分宛てのツイートがあった際に通知が来るのはいいんですが、時にはしつこく絡んでくるアカウントや、スパムのようなリプライが来て、通知を見るのも嫌になる…なんて事もあるかもしれません。

いやなアカウントならブロックすればいいですが、複数のアカウントを持っていたり、次々と新しいアカウントを作って嫌がらせしてくる、なんてケースもあるようで、なかなか一筋縄ではいかないみたいです。

今回追加された通知設定で、そんな煩わしさからはサヨナラしちゃいましょう!

設定方法

  1. Twitterにログインした状態で、「通知」をクリックします。

     
  2. 通知の画面で「設定」をクリックします。

     
  3. 次のアカウントからの通知を表示しない」で、通知をしてほしくない項目にチェックを入れ、「変更を保存」をクリックすればOKです。
    今回追加されたのは、「フォローされていないアカウント(フォローしていない場合)」「新しいアカウントを作成(フォローしていない場合)」の2つです。

     

スマートフォンの場合は「通知>設定>フィルター>詳細フィルター」から設定できます。

出来たばかりのアカウントやフォロー外のアカウントが全て迷惑なアカウントだとは思いませんが、こういった設定があることを覚えておけば、いざという時役立ちそうですね。
「メールアドレスが未認証のアカウント」などはそもそもどうなの、という気もするので、普段から通知オフにしておいてもいいのでは。

他にも例えば「ツイートがバズってしまって通知がひっきりなし!」なんて時に一時的に設定するのもよさそうです。

顔も知らない他人とはいえ、「即ブロック」というのはなかなかしづらいものです。
ひとまず「通知をオフ」にすることで、ストレスから解放されるかもしれません。

知らない人と交流できるのがTwitterの良さですが、時には悪意にさらされることもあります。
機能をうまく使って自衛しましょうね。