これは便利!スマホの画面をパソコンにミラーリングしてデータのやり取りが簡単にできるアプリ「AirMore」

SEROの嫁です。主に裏方担当。
夫のアシスタントをしたり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年7月9日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

スマートフォンに保存した画像やファイルをパソコンに取り込みたい時、皆さんはどうしてますか?

メールに添付して送信したり、一旦クラウドサービスにアップロードしてPCからダウンロードしたり、直接USBで繋いでコピーしたり…と、一手間かかっていたのではないでしょうか。

AirMore」というサービスを使うと、WiFi経由、またはHTTPS経由でスマホ・PC間のデータのやり取りができるだけではなく、スマートフォンの画面を簡単に映し出し、パソコン上に取り込むことができるんです。
→ AirMore

インストールと接続

  1. AirMoreのサイトに行き、AppStore、またはGoogle PlayからAirMoreのアプリをスマートフォンにインストールします。
  2. 次にAirMoreのサイトで「AirMoreを起動して接続を確立する」をクリックします。
  3. するとブラウザにQRコードが表示されるので、スマートフォン側でアプリを起動し、「接続するにはスキャン…」をタップしてQRコードを読み取ります。
  4. 接続が確立すると、ブラウザにスマートフォンの情報が表示されます。

使い方

これで、ブラウザ側の画面から、スマートフォン内のデータを操作できるようになりました。

ファイル」をクリックするとファイル一覧が見られます。
ファイルを選択して、上部のメニューでインポートやエクスポートすることができます。

画像や連絡先、アプリの一括管理なども可能です。

ミラーリング機能

そして、なにげに便利なのが「ミラーリング」!

ブラウザ側で「ミラーリング」をクリックして、スマートフォン側で「今すぐ開始」をタップすると…

ブラウザに、スマートフォンの画面がリアルタイムで表示されるんです。

スクリーンショット」をクリックすれば、このままPCに保存できます。記事を書く時にスマートフォンの画面をスクリーンショットする事がよくあるので、この機能は本当に便利です。

ミラーリングなので、キャプチャソフトでスマートフォンの画面を動画として録画することもできます。
様々な使いみちがありそうですね。

ただし、音声の再生および同録はできません。ちょっと残念。

 

切断

  1. 接続をやめたいときは、スマートフォンの画面で「切断」をタップします。
  2. するとブラウザ側に「携帯電話で接続が停止されましたが、再接続しますか?」とメッセージが出ますが、「いいえ」をクリックすればOKです。

スマートフォンを家でWiFi接続していればローカル接続なので安心ですし、ファイルのやり取りも、クラウドにアップしたりするより速くて快適です。

データのやり取りやバックアップにオススメの「AirMore」の紹介でした。