Firefoxでの検索も快適に!google検索結果から見たくないサイトを除外できるアドオン「Hide Unwanted Results of Google Search」

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

この記事は2017年2月10日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性もありますのでご注意ください。

先日、google検索結果から見たくないサイトを除外する方法をご紹介しました。
→ google検索結果から邪魔なまとめサイトなどを除外できるChrome拡張機能「Personal Blocklist」

このChrome拡張機能は、「by google」とあるように公式がリリースしているものなので、Firefoxには無いよね~、と勝手に思っていたのですが、同じような機能を作成されている方がいらっしゃいました!

それが「Hide Unwanted Results of Google Search」です。
→ Hide Unwanted Results of Google Search :: Add-ons for Firefox

説明欄がやけに分かりやすいと思ったら、日本の方が作成したアドオンでした。
Bing検索にも対応しているそうです!

アドオンのインストール

  1. Firefoxのメニューボタンから「アドオン」をクリックします。

     
  2. アドオンマネージャーが開くので、一番下の「アドオンをもっと見る」をクリック。

     
  3. 検索バーに「Hide Unwanted Results of Google Search」と入力すると候補が出てくるので、一致するものをクリック。

     
  4. アドオンの詳細に移動するので、「Firefoxへ追加」をクリック。

     
  5. 許可を求められるので、「インストール」をクリック。

     
  6. インストールが完了しました。

     

使い方

googleの検索結果で、ブロックしたいサイトを右クリックして「Add This site to Hide Results」をクリックすると、次回検索時から表示されなくなります。
あとで説明するブロックリストでもサイトを追加できます。

 

設定

アドオンマネージャーで「設定」を開きます。

上から3つが、主な設定です。

enable hide unwanted results of google search チェックを入れるとブロックリストに入れたサイトを非表示にします(デフォルト)
enable indicator on search results チェックを入れると、検索結果のページに非表示になっているサイトの件数が表示されます(デフォルト)
Manage unwanted result sites ブロックリストの編集ができます

ブロックリストでは、サイトを手入力することもできます。

タブを閉じると、設定が保存されます。

これで、Firefoxでも快適に検索できますね!