「niconico(く)(クレッシェンド)」発表!ログインなしで使えるnicocas(ニコキャス)など

SEROの嫁です。
夫とニコ生で喋ったり、ブログに投稿したりしています。
2級ウェブデザイン技能士。

ドワンゴは11月28日、「niconico(く)」の発表会を開催し、新しいインターフェイス「nicocas(ニコキャス)」をはじめとした機能の紹介がおこなわれました。

ちなみに「」はひらがなの「く」ではなく、音楽記号の「クレッシェンド(だんだん強く)」という意味だそうです。
なんとなく、「く」って「苦」とかを連想するので避けそうなものですが、珍しいですね。

発表会はニコニコで配信されましたが、私は寡聞にして全く情報を知らず、残念ながらリアルタイムでは見ていませんでした。
ただ、スマホ向けサービスなのに発表会はスマホで見れなかったり、重すぎてプレミアム会員でさえ追い出されたりと、散々な生放送だったみたいですね;

当初、サービス開始は今年の10月と言われていましたが、今回の発表で正式な開始日は「2018年2月28日」であることが判明しました。

最近特にひどく感じられる「画質・重さ」の改善については、川上会長曰く「半年待ってほしい」との発言があったそうで、今回のリリースには含まれていないようです。
既に散々言われているとは思いますが、「そこ最優先だろ!」って感じですよ。
プレミアム会員の自分でさえ、動画がしょっちゅう止まったり、エコノミー画質になったりすることが最近増えましたからね…。

まあ、ネガティブな事ばかり言っていても仕方ないので、今回発表された中で気になったものをいくつかピックアップしてみたいと思います。

nicocas(ニコキャス)

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」に続く3つ目のインターフェイスと謳われる「nicocas」。

まず大きなポイントとしては「ログインしなくても使える」!
これは良いですね。ニコニコは「ログインしないと動画ひとつ見れない」というのがかなりのウィークポイントですから。

動画+生放送+双方向+映像合成」を一体化した新しいインターフェイスということで、これにより様々な機能が使えるようになります。

オープニング&エンディング

「オープニング&エンディング」は、生放送が始まる前などにあらかじめ用意した映像などをリアルタイム合成で簡単に流すことができる機能。

スタジオセロの放送でもオープニングを付けたいと話していたことがあったので、これは素直に嬉しい機能ですね。

引用する

「引用する」は、動画・生放送・nicocasを引用して放送することができる機能。
今までは配信ソフトでキャプチャするなど一手間必要でしたが、これがあれば簡単に他の動画を見ながら実況ができるようになります。
これも嬉しいですね。

ニコニコQ

「ニコニコQ」は、事前に問題を作成しておけば生放送で簡単にアンケートやクイズが出題できる機能。
現在のニコニコミュニティのアンケート機能はレベルが上がらないと開放されませんが、ニコニコQはどうなんでしょうか。
デフォルトで使えるといいですね。

ニコニ広告

今までの動画・ニコニコ生放送と同様に、nicocasも「クリエイター奨励プログラム」の対象となります。
さらに、「ニコニ広告」された配信者にもクリエイター奨励スコアが加算されるそうですよ!

あとは、

  • 生放送中に配信者が休憩できる「休憩」機能
  • ワンタッチでスマートフォンをセカンドカメラとして利用できる「マルチカメラ」機能

などは、なかなか便利そうです。

そのほかの微妙な機能たちについては、特設サイトを見てみてくださいね。

 

2017年12月3日の13時からは、体験生放送の第2弾も予定されています。

なにかと風当たりが強いniconicoですが、コメント文化をはじめとした、ユーザーで作り上げる独特の「場」がなくなるのはやっぱり寂しいので、これからも頑張って欲しいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。